培った知見や
技術をチームに受け継ぐ。
アドバンテストが、
常に社会に貢献する存在であるために 01

ハードウェア開発
課長

工学研究科電子情報工学専攻修了 | 1995年入社

※本内容は2019年11月取材時のものです。

現在の仕事について
教えてください。

Question-1

先行技術の開発を行っています。主なテーマは高速インターフェイスの試験技術で、たとえば、最近のニュースでも大きく取り上げられている5G(第5世代移動通信システム)のように新しい技術が台頭してきた際に、その普及状況などを考慮しながら、必要なデバイスのテスト方法を先んじて確立しておくのがミッションです。私は、現在課長という立場で、課員たちのサポートをしながら開発業務の全体を把握し、チームとして最大の成果を上げられるようにマネジメントをしています。

どのような点を意識して、
若い社員を指導しているのですか。

Question-2

指導のポイントは2つあると考えています。一つは、技術者の先輩として自分の知識や経験を活かしながら、技術指導をしていくこと。私たちの仕事には半導体デバイスとそのテスト方法という両方の知識が必要になりますので、主に新しい方式やアルゴリズムに関する助言を行うことが多くなります。人財を育てていくということは、このようなノウハウを先輩から後輩へしっかり受け継いでいかなくてはなりません。そのためにはお互いの信頼関係のもと、密なコミュニケーションを継続していくことが重要になります。
また、作業の進め方に関する指導にも力をいれています。開発は誰もが必ず壁にぶつかる仕事。その時々で適切なアドバイスができるように心がけ、効率的な作業の進め方をメンバー自らが考えられるように指導しています。

今の仕事における難しさは
どのようなところにありますか。

Question-3

開発スタッフの一員として働いているころは、目の前の課題に立ち向かうことを最優先にしていましたが、チーム全体を率いて後輩の指導をするようになると、広い視野で物事を見ることを意識するようになりました。たとえば、前述した5Gなどの新しい技術や規格が、いつ、どのようなかたちで普及していくかは事前には予測できないものです。5G用のデバイスの開発が始まるのに合わせて必要な試験技術をリリースできればベストなのですが、これがなかなか難しい。そしてもう少し細かく言えば、私たちの開発が進んでいたとしてもデバイスメーカーが当社の検査装置を必要としてくれなければ事業は成長していきません。つまり、市場の動向から将来を予想して先行開発を進めるだけでなく、開発した技術を社内外に向けてアピールして顧客の潜在ニーズを掘り起こすことも重要なのです。

仕事における面白さや
やりがいを教えてください。

Question-4

まだ世の中に存在しない新しい技術を創造し、世界に向けて発信できることは技術者にとって最高の喜びです。さらに、開発した試験方法を装置として製品化し、事業として成功させるまで見届けることができますので、非常に大きな達成感が得られます。
昔の話になりますが、入社4年目のころ、半導体試験に関する国際会議で論文を発表させてもらったことがあります。大勢の前で英語を話すのも初めてだったので、最初は緊張の連続。それでもなんとか発表を終え、拍手をいただいたときには、「世界中の技術者に認められたんだ」という高揚感に包まれたことを覚えています。その気持ちは今も忘れずに持ち続けていますし、若い社員たちにも同じような経験をしてほしいと願いながら仕事を続けています。

キャリアを通じて、
仕事を通して人生が広がったと
感じることはありますか。

Question-5

当社は社外の活動も積極的に応援してくれる会社です。私自身、2010年から東京大学の大規模集積システム設計教育研究センターと共同研究を続けてきましたし、群馬大学の大学院に客員教授として招かれ、学生の指導も行っています。このように、技術的に最先端のテーマに取り組めるだけでなく、その先にさらに多様な経験を積むことができる。自身の成長意欲を最大限に活かしてくれる環境、それが“アドバンテスト”というフィールドなのだと思います。

今後の目標やビジョンについて
教えてください。

Question-6

移動通信システムにおける5Gと同じように新しい潮流となっているのがオートモーティブ、つまり自動車用のIT製品の開発です。電気自動車や自動運転システムの進歩はこの分野を確実に大きく変えていきますが、そのタイムスケジュールはまだはっきりしません。しかし、私たちには半導体検査装置のトップメーカーとして、社会や業界の動向を先取りして常に新しい技術を提供していく責務があります。どのように開発の舵取りをしていくか、腕の見せ所といえるでしょう。
ADVANTEST CORPORATION RECRUIT SITE