配当・株主還元

剰余金の配当等に関する方針

当社は、持続的な発展と中長期的な企業価値の向上が株主利益への貢献の基本であるとの認識のもと、資本コストと財務健全性の双方を意識した経営を行います。
なお、剰余金の配当につきましては、半期の連結業績をベースとした利益配分を行うこととし、半期の連結配当性向30%を指標として配当を実施してまいります。
内部留保につきましては、M&A、研究開発、設備増強等の成長に向けた事業投資の原資に充て、経営基盤の強化および企業価値創造のために活用する方針であります。なお、長期にわたって余剰資金が留保される場合は、成長投資見込みを勘案しつつ、配当性向の見直しや自己株式取得等の総株主還元を機動的に検討します。

1株当たり配当金の推移(直近5年)

基準日 中間期末 期末 年間
2019年度 (2020年3月期) 41円 34円(予想) 75円(予想)
2018年度 (2019年3月期) 50円 42円 92円
2017年度 (2018年3月期) 9円 23円 32円
2016年度 (2017年3月期) 13円 12円 25円
2015年度 (2016年3月期) 10円 10円 20円

株主優待

株主優待は実施しておりません。